おかげさまで創業45年、多くのお客様に選んでいただいています。これからも私たちもっとあなたに満足していただけるように、最高の飛騨牛を提供できるように励んでまいります。これからも私たちをよろしくおねがいします!

レビュー数204総合評価4.6

▼新着情報

2015年03月13日
お客様の声ページが見やすくなりました!
2014年12月08日
年末年始だけの特別価格!年末年始キャンペーン開始
2014年05月02日
今月のランキングを更新!
2014年04月28日
「今週のおすすめ」を更新しました。
2014年04月25日
ホームページをリニューアルしました♪

▼おすすめコンテンツ

3分でわかるはじめての飛騨牛ドットコム

▼飲食店などの業者様へ

業販はこちら
2017/11/17 ご注文頂きありがとうございます!(商品:G004)
2017/11/17 ご注文頂きありがとうございます!(商品:G009)
2017/11/17 ご注文頂きありがとうございます!(商品:A050102)
2017/11/17 ご注文頂きありがとうございます!(商品:G003)
2017/11/17 ご注文頂きありがとうございます!(商品:Z010402)
もっと見る
2017/11/17 ご注文頂きありがとうございます!(商品:A010102)
2017/11/17 ご注文頂きありがとうございます!(商品:G003)
2017/11/17 ご注文頂きありがとうございます!(商品:Z010402)
2017/11/17 ご注文頂きありがとうございます!(商品:A020202)
2017/11/17 ご注文頂きありがとうございます!(商品:A050103)
もっと見る
2017/11/17 ご注文頂きありがとうございます!(商品:Z010202)
2017/11/17 ご注文頂きありがとうございます!(商品:A020101)
2017/11/17 ご注文頂きありがとうございます!(商品:Z010102)
2017/11/17 ご注文頂きありがとうございます!(商品:A040101)
2017/11/17 ご注文頂きありがとうございます!(商品:Z010303)
もっと見る
2017/11/17 ご注文頂きありがとうございます!(商品:A020201)
2017/11/17 ご注文頂きありがとうございます!(商品:A080101)
2017/11/17 ご注文頂きありがとうございます!(商品:A030201)
2017/11/17 ご注文頂きありがとうございます!(商品:A030101)
2017/11/17 ご注文頂きありがとうございます!(商品:A020201)

飛騨牛通販人気ランキング

総合ランキング1位

飛騨牛A5等級カルビ(バラ)

どんな料理にも使える万能部位「カルビ(バラ)」歯ごたえ十分!

総合ランキング2位

飛騨牛A5等級ロース

最高級部位のロース!飛騨牛A5等級のロースは口の中に入れた瞬間に溶けます♪

総合ランキング3位

飛騨牛A5等級切り落とし

コストパフォーマンスが最高なのはやっぱりこれ!飛騨牛A5等級霜降り切り落とし肉!

お肉をあまり食べない息子が、ご飯を三杯もおかわり。 お肉をあまり食べない息子が、ご飯を三杯もおかわり。

飛騨牛ドットコムとは?

飛騨牛ドットコムが選ばれている理由とは?
飛騨牛5等級シール

飛騨牛ドットコムは、飛騨牛の最高ランクである5等級を専門に販売しています。高級料理店でも3等級や4等級までしか、食べることの出来ない5等級を一般のお客様でも買いやすいように、中間マージンのカット、大量仕入により、この価格を実現することができました。

お客様写真

年間仕入350頭(約122,500キロ)を仕入れ、年間で約3万人以上のお客様に飛騨牛をお楽しみ頂いております。おかげさまで創業42年になりました。(2014年現在)

鮮度・衛生面もしっかりと

どのような作業を行っているか、安心してお召し上がりいただけるように、飛騨牛ドットコムで行っている作業を動画、写真にてご覧頂くことができます。インターネットで購入するのが不安であれば、一度、ご覧ください。

スタッフ
販売証明書を取得したお肉屋さん

飛騨牛ドットコムは、飛騨牛銘柄推進協会に認定された飛騨牛販売指定店です。

個体識別番号
個体識別番号の通知

ご購入者様全員に、個体識別番号の通知を行っております。個体識別番号で、購入した飛騨牛の出生などを確認することができ、間違いなく、飛騨牛であることをお客様ご自身で確認していただくことができます。

業務用冷蔵庫で保管
ぴちぴちお肉。取り置きなし!

飛騨牛ドットコムは、お客様からの注文を受けてからカットを行います。事前にカットしておいたお肉だと、鮮度が悪くなる可能性もあるため、注文後のカットとなります。